生活保護申請代行で生活の危機を乗り切る!自分でやるより失敗なし

生活保護申請代行は法律の専門家にお願いしよう

外国人の老夫婦

生活保護は、貧困に直面している国民が最低限度の生活を送れるようにする、最後の砦と言える制度です。年金などの収入がある場合、生活保護を受けられないのではないか、働ける年齢では生活保護を受けるのは恥ずかしいといったイメージや噂が先行し、本来受給資格があるにも関わらず、生活保護申請をすることすら躊躇っている方は多くいます。年金を受け取っていても、その額が少なく、厚生労働大臣が定める最低生活費に満たない時で、他に頼る親族もない場合は、現在の年金に加算する形で生活保護費を受給できます。
また、働く意欲はあっても病気で働けない、要介護者で医療費がかさみ生活に困窮している場合にも、生活保護を受給できる可能性があります。まずは自分が生活保護を申請できるかどうか、相談することが大切です。高齢者や病気を抱えた方の場合、申請に出向くことすらできないという方もいます。
そうした方に是非活用してほしいのが、生活保護申請代行です。行政書士や弁護士など、法律の専門家が有料で行ってくれます。生活保護申請代行だけでなく、その相談にも乗ってくれますので、気軽に相談してみてはいかがでしょうか。生活保護は、生活費の他に医療扶助、介護扶助など様々な種類の補助が受けられます。生活保護申請代行を利用し、不安を解消しましょう。